初めまして、ちゅるないと申します。

私は高校卒業後に建築系の大学に入学したのですが、途中で精神的な病気になってしまい、体調面などを考慮して、福祉系の通信制大学に編入しました。

そこで将来の進路について考えたところ、なんだかんだ公務員を目指すことを決意(ここら辺のことを書くと長くなりそうなので、また機会があればお話しします)。

民間の就活で、いろいろな企業の説明会に参加したり、何度も何度も面接を受けたりするのが嫌だったというのが、公務員を目指すことになった一番の理由かもしれません。

最低な志望理由ですよね…笑。


そして、2019年度に法務省専門職員(保護観察区分)と政令指定都市の社会福祉区分を受験しました。

しかし、結果はどちらも面接で基準点を下回ってしまい、不合格という悲惨なことに…。

このブログは合格体験記ではないので説得力がないかもしれませんが、筆記試験に関してはなかなかの高得点をとることができたので、それなりにアドバイスができると思います(不合格のくせに偉そうにしてすいません…笑)。


なぜブログにしようと思ったのかというと、福祉や心理系の公務員に関する情報があまりにも少なくて情報収集にかなり苦労したからです。

そのため、私の経験や知識が、少しでも福祉系公務員を目指す人の助けになればいいなと思います。

困っていることやわからないことがあれば、私にわかることはお答えしますので、コメントから質問してください!

著者
ちゅるない

ちゅるない

福祉系公務員の試験に挑戦しましたが、すべて面接で撃沈…。 筆記試験は合格できたので、福祉職や心理職を目指す人に向けて、そのことを中心に助言したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です