児童相談所は、子どもに関する相談や、子どもやその家庭に援助を行う施設です。

子どもの福祉の増進を図るとともに、権利を擁護することを目的としています。

児童相談所は、児童福祉法によって、都道府県指定都市に設置が義務づけられ、中核市や特別区にも設置可能です。

児童相談所長、児童福祉士児童心理司、医師などが配置されています。

また、児童相談所には、以下のような基本的な機能があります。

・市町村援助機能
・相談機能
・一時保護機能
・措置機能

その他、養子縁組や特別児童扶養手当、療育手帳に関する判定事務など、幅広い業務を行う施設です。



参考文献

TAC社会福祉士受験対策研究会(2018)『2019年版みんなが欲しかった!社会福祉士の教科書 共通科目編』TAC出版.

TAC社会福祉士受験対策研究会(2018)『2019年版みんなが欲しかった!社会福祉士の教科書 専門科目編』TAC出版.

一般社団法人日本ソーシャルワーカー教育学校連盟(2018)『2019社会福祉士国家試験過去問解説集』中央法規出版.

著者
ちゅるない

ちゅるない

福祉系公務員の試験に挑戦しましたが、すべて面接で撃沈…。 筆記試験は合格できたので、福祉職や心理職を目指す人に向けて、そのことを中心に助言したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です