今回は、教育学のおすすめの参考書について紹介します。

教育学は、国家総合職(人間科学)、家庭裁判所調査官補、法務省専門職員の試験で出題されます。

勉強範囲はそれほど広くない上に、内容も社会学や心理学と比べて難しくないので、いきなり問題集を解き始めても大丈夫です。

・問題集

公務員試験向けの問題集は、スー過去からのみ出版されています。

問題集の1/3程度しか教育学の問題が掲載されていないので、少し物足りない感はあります。

ネットで評価を見てみると、明らかな解答・解説の誤りや記述の矛盾などが多いと言われていましたが、使用した感じではそこまで気になりません。

教育学の学習方法や試験ごとの出題傾向も載せられているので、おすすめの本です。

教員採用試験教職教養よく出る過去問224 2020年度版/資格試験研究会【1000円以上送料無料】

スー過去だけでは物足りないという方は、教職採用試験用の問題集を使ってください。

ただし、公務員試験では出題されないような範囲も載せられているので、出題範囲と照らし合わせて必要な部分だけを勉強するのがおすすめです。

・参考書

スー過去の中でもおすすめされている、暗記用のまとめ本です。

こうしたまとめ本があれば、ちょっとした調べものをするときや、すきま時間に使用するのにとても便利ですね。

私はスー過去+らくらくマスターを使って勉強したのですが、法務省専門職員の試験では教育学で8/10点取ることができました!

なので、教育学の勉強はスー過去+らくらくマスターで十分かもしれません。

ちなみに試験全体では、心理学7点、教育学8点、社会福祉学10点、社会学9点で34/40点でした。

なかなか高得点だったので、ちょっと自慢です。笑

それだけに、面接で足切りになったことが悔やまれます…。

・頻出事項

らくらくマスターでは必要のない内容も多かったので、覚えるべき重要な箇所を紹介しておきます。

これは、私が法務省専門職員の過去問を取り寄せて、平成25年度〜30年度の試験の出題傾向を調べた上で、重要だと思った箇所なので参考までにどうぞ。

教育原理
・教授、学習理論
・教育課程の概念
・学習指導要領の変遷
・学習指導
・学習評価
・いじめ
・生涯学習
・学校評価

教育史
・西洋教育史
・日本教育史

教育法規
・教育基本法
・懲戒
・教員免許状
・教員の服務

教育心理
・教育評価

以上が、平成25年度〜30年度の法務省専門職員の試験で何度も出題されていた範囲です。

特に西洋教育史の人物は毎年数題出されているので、人物・著作・キーワードをセットで覚えましょう。

教育心理に関しては、心理学の内容と被っていますが、ほとんどが教育学ではなく心理学で出題されます。

教育学でよく出題されるのは、教育評価です。

・まとめ

以上で、教育学のおすすめの参考書についての紹介を終わります。

教育学は出題範囲もそれほど広くなく、勉強しやすいので、他の専門科目の勉強がある程度進んでからでも大丈夫です。

おすすめの順番は、社会福祉学→社会学→心理学→教育学。

社会学と心理学の内容は、社会福祉学にも少し含まれています。

また、社会学で登場する人物が教育学にも登場するので、この順番で勉強するのが理解しやすいと思います。

著者
ちゅるない

ちゅるない

福祉系公務員の試験に挑戦しましたが、すべて面接で撃沈…。 筆記試験は合格できたので、福祉職や心理職を目指す人に向けて、そのことを中心に助言したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です