公務員試験の勉強を始めるにあたって最初に悩むことが、予備校に通うか独学で勉強するかということだと思います。

今回は、そのことについて私が感じたことの紹介です。

まず、両者のメリット・デメリットについて。

予備校
メリット
・情報を集めやすい
・勉強の計画を立ててくれる
・いつでも相談、質問ができる
・仲間たちと切磋琢磨できる
・記述対策や面接対策が何度も受けられる
・自習室が利用できる

デメリット
・お金がかかる
・参考書や問題集が決まっている
・通うのが面倒くさい


独学
メリット
・お金がかからない
・好きな参考書や問題集を使える
・時間配分が自由
・一人で黙々と勉強できる

デメリット
・情報集めが大変
・誰かに相談しにくい
・誘惑が多い(スマホなど)

一番悩むところが、やはり金銭面ですね…。

私は、大学の学費+予備校の受講料を払いながら勉強する余裕はなかったので、独学で勉強することに決めました。

一人のほうが勉強に集中しやすいというのも、独学を選んだ理由の一つです。

お金がかからないことが大きなメリットですが、独学の場合でもある程度のお金は必要になります。

私の場合は、参考書2〜3万円、模試代3万円、面接の練習代2万円と、トータルで予備校の受講料の1/3ぐらいはかかりました!

独学と言えどなんだかんだお金はかかりますね。

これらに加えて、説明会参加や受験のための交通費もかかりますし…。

次に悩むところが、自分であれこれするのが嫌でないかという点だと思います。

独学では、試験内容や参考書情報、勉強方法など、何から何まで自分で情報収集しなければならないので、それが面倒くさいという人は手っ取り早く予備校に通ったほうが効率的です。

それと、一人で勉強するほうが集中できるのか、それとも教室で授業を受けるほうが集中できるのか、といった性格によっても予備校と独学のどちらが効果的かは変わると思います。

・まとめ

はっきりしない内容で申し訳ないですが、結局予備校か独学どちらにするかというのは、金銭面とその人の勉強スタイルによると思います。

また、独学を選ぶ場合であっても、まったく予備校を利用しないのではなくて、模試や面接対策などを部分的に利用していくのがおすすめです。

模試は本科生でなくても受けることができますが、面接対策は本科生でないと受けられない予備校もあったので、その辺もよく調べてください!

予備校では心理福祉系公務員向けのコースもあるので、予備校か独学で悩んでいる方は、まずはその説明会に参加してみるのもいいかもしれません。

結局、予備校と独学の両方のいいとこ取りをするのが一番効果的な方法と言えます。